終活JP

終活の全てがわかるメディアで、しっかり終活の準備を

全国対応・低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

「小さなお葬式」とは

「小さなお葬式」とは、高視聴率を誇るテレビ番組や人気の発行部数を誇る各種雑誌などで特集を組まれて取り上げられることも増えてきている葬儀会社です。インターネットを大々的に活用した葬儀会やの先駆けとして「小さなお葬式」が誕生したのは2009年10月なのですが、このときから今に至るまで相当なハイペースで急成長を遂げています。そのため、葬儀業界のパイオニアとして大成功を収めている一流企業として、葬儀業界ではいつでも一目置かれている企業としても知名度が右肩上がりで急上昇しています。

「小さなお葬式」の場合には透明性のない葬儀価格を根本的にゼロからすべて独自に手間を抜くことなく徹底的に見直しています。その結果、ムダをとことん省けるだけ省くことによって現実的に可能となる低価格のセットプランを提供しています。

この相当リーズナブルな価格帯のセットプランが多くの方々から全国的に大変支持されてきた結果、2018年の春の時点では、なんと15万件を上回るという圧倒的な依頼件数を実現しているのです。この件数はさらにとどまることなく増加傾向にあることから、これからもますます全国的に人気を集めていくことになりそうです。

小さなお葬式のおすすめポイント

「小さなお葬式」はぎりぎりまで金銭面の負担減

「小さなお葬式」では、お通夜式も告別式も行うことをせず、ご遺族の皆様だけで静かに最期のお別れをなさることができる火葬だけのじつにシンプルなお葬式が可能です。火葬だけで、さらには参列していただく方々もいらっしゃいませんので、そのぶん金銭面でのご負担がかからないお葬式にすることができます。

「小さな火葬式」での「直葬」のことなのですが、こちらのプランをお選びにかる方々が近年どんどん増加傾向にあります。お通夜式にしても告別式にしてもいずれも儀式を行いますので、来客の応対も準備も大変です。火葬式ではいずれも行わないことで、ご遺族は心身ともにかなり負担が軽減されます。

「小さな火葬式」では、リーズナブルにご遺族皆様のお考えをしっかりと尊重」した密葬を実現しています。たとえば、「小さなお葬式」でご依頼になった場合には、お寺の方の手配をまかせることができます。ちなみに、お布施は戒名込みで6万円です。

安く済ませるご葬儀に対して少し抵抗を感じる方々もおられるかもしれません。それでも、「小さな火葬式」は必要になってくるあらゆる物を一式揃えてご遺族が負担を感じないプランとして力を入れているので安心して選べます。

「小さなお葬式」では「海洋散骨」にも対応可能

「小さなお葬式」では、近年需要が高まりつつある「海洋散骨」を大々的に取り上げて注目を集めています。まず、皆様はこの「海洋散骨」という選択肢についてご存じでしょうか。

「海洋散骨」というのは、自然へと還っていくことを願うご葬儀の形のことを指します。ここ最近になって、ある特定の墓地とかお墓などを持つことは一切せず、その代わりに「散骨」という手段を選択するという方々が増加傾向にありますので、どこかで聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。この方法であれば、ご遺族の方々に対して自分がこの世から去った後で負担をかけることがないということでも注目されています。

「小さなお葬式」でも可能な「海洋散骨」であれば、墓地を購入する費用も管理費が一切不要です。そのぶん金銭面では随分楽になります。

そして、無宗教の方々や宗教やしきたりが邪魔に感じる方であれば、お墓を無理に建てなくても別に問題はないのです。

特に最近では、散骨が以前よりも知名度が急上昇してきていることもあり、生前に散骨を希望なさる方も増えています。「小さなお葬式」であれば、このような方が生前望んでいらしたこと希を叶えられるというわけです。

24時間365日無料で相談可能なのが「小さなお葬式」

「小さなお葬式」では、1年365日、さらには24時間体制で、コールセンターにて知識が豊富なスタッフが多数在籍しています。身内の方がお亡くなりになった直後で動揺しているようなタイミングでも、安心してフリーダイヤルで相談することが可能です。

お葬式に関連するあらゆる専門用語や、さらにはまったく知識を持っていないという方が理解しにくいような話の内容は避けてお話されます。そして、何かよくわからないことやいまいち理解しきれないうことがあれば、どれだけ簡単な内容の質問でも安心して相談することができるという安心感があります。
「小さなお葬式」では、ご相談だけでも問題ありません。まだ何をどうすれば得策なのかわからない状態であれば、まずはご相談のみで電話してみることもおすすめです。

ご遺族になられたときに、何かとご不安を覚えられているような点が出てくると思います。このようなご不安のひとつひとつに対して耳を傾けることによって、ご遺族の皆様が一体どういったお葬式が望ましいのか、 お亡くなりになられた方の親族様のご意向などもしっかりと伝え、個々のお客様に最善と思われるお葬式の内容を提案している点も支持される理由です。

Endingnote Dl Banner

投稿日:

Copyright© 終活JP , 2021 All Rights Reserved.